さつまや 白くま

さつまやの白くま

先日鹿児島料理の「さつまや」というお店で、「白くま」を食べました。

 

さつまや

 

鹿児島市では昔からかき氷と言えば、と言われるような一品で、
かき氷の上に様々な果物が乗っており、その上に練乳やあんこが乗っているもの。

 

 

近年では観光ガイド本に載ったり、北海道で人気が付き全国で放映されるようになった番組『水曜どうでしょう』
などで取り上げられてこともあり、全国で名前を知られるようになりました。

 

 

とは言え私は、ずっとコンビニで売っている「白くま」が正当だと思っていたので、
あれはあくまでもこうした白くまをパックに閉じ込めたものだったと初めて知ったのですが…。

 

 

かなりボリューミーなかき氷の上に練乳がたっぷりかかっており
その上にバニラアイスとパイナップルやキウイ、
耳の位置にはオレンジが乗っかっています。

 

 

名前の由来には諸説あるようですが、
そのうちの一つにはかき氷の上に乗せたレーズンが目のように見え、
白くまっぽかったことからそういう名前が付けられた、というものがあります。

 

 

このお店もその由来にのっかっているようで、
真ん中にどーんと置かれたバニラアイスと目を模したレーズンが
本当にかわいらしい白くまっぷりを演出しています。

 

 

小サイズを頼んだのに、それでもどんぶりサイズでした。
2人で食べたのですが、それまでにも結構食べていたこともあり、
なかなかヘビーな量でした。
お約束通りキーンとなったりして…(笑)。

 

 

小サイズでもちょっと一人で食べるには大きすぎるので、
数人で食べることをお勧めします。